簡単貼り付け!隙間テープの効果とは

近頃の家は気密性がよくなり、外からの隙間風とは無縁のように思えます。しかしドアの下などから吹き込む隙間風のせいで、部屋が寒くなってしまうという経験はありませんか。こんな時は「隙間テープ」を利用すると隙間風を防ぐことができます。この「隙間テープ」についてご紹介しましょう。


簡単貼り付け!隙間テープの貼り方とその効果とは

隙間テープの効果と選び方


隙間テープは最近では100円ショップでもよく見かけます。簡単に貼ることができて、隙間風を防ぐことができます。
窓やドアに隙間があると、そこから風が入り込んで部屋が寒くなったり、そこから暖かい空気が逃げてしまったりします。窓の隙間はもちろん、ドアの下から吹き込む隙間風は冷たく感じますよね。そんな時は、ドアの下にも隙間テープを貼るのが効果的です。
隙間テープは隙間をふさぐことによって、外からの冷気をシャットアウトして、暖房にかかるエネルギーを軽減できるので、節電にも効果的です。

また、部屋の温度は窓から逃げていきます。特に窓のサッシが外気との熱の渡し役をしていて、窓全体から移動する熱量の約4割がサッシを介して放熱しています。冬にサッシに触れるとその冷たさにびっくりすることがありませんか?サッシはアルミなど金属製ですので、熱伝導率がいいために、外気温に左右されやすいのです。だから、多少見た目は悪いのですが、サッシの金属部分自体に隙間テープを全面的に貼りつけると、冷たい外気が、サッシを介して入ってくることを防ぐことができます。また、あたたかい室内の空気が、サッシで冷やされるのも防げます。いうなら、サッシの金属部分にカバーをかけるようなものです。隙間テープを貼ることによって、外からの冷気が入るのを防ぐだけではなく、部屋の暖かい空気を逃がさないようにする効果もあるのです。このように隙間テープは直接隙間風を防ぐだけではなく、部屋の温度が外気温に左右されるのも防ぐことができる優れものです。

テープを購入する前には、まず、隙間テープを貼りたい場所の寸法を測っておいてください。テープの長さが不足すると継ぎ足しして貼らなくてはならなくなります。隙間を埋めるために貼るという目的から、できれば継ぎ足しなく1回で貼った方が、気密性が保てます。貼る場所の寸法より少し余分に買っておくといいでしょう。また、隙間テープは幅にもいくつか種類があります。幅を間違えると隙間が埋まらなくなることもありますので、長さだけでなく、幅も採寸することが必要です。
厚みもいろいろあります。窓を閉めた時に少し抵抗かあるくらいの方が、隙間がぴったりふさがれて、より効果が期待されます。また、何回も窓を開け閉めしている内にクッション性がなくなってきますので、最初は抵抗があるくらいの方がいいでしょう。

窓に貼る隙間テープは値段もいろいろなものが売られていますが、先にも書いた様に、窓を開閉するだけで少しづつクッション性がなくなっていきますので、できれば定期的に貼り替えることが必要です。最初から貼り替えることを前提に、あまり高価なものではなく、まずは失敗してもいいように安価なものを買ってみるのもいいでしょう。

隙間テープの貼り付け方


隙間テープの貼り方は
まず、貼る部分をきれいにします。貼る部分が汚れているとすぐにはがれてしまいます。特にサッシはきれいに掃いたり拭いたりして、ごみやほこりを取り除いておきましょう。
貼る部分がきれいになったら、隙間テープを貼ります。隙間テープは両面テープのようになっています。貼り付ける時は、保護テープを剥がして貼り付けたいところに貼るのですが、一気に保護テープを剥がすと、思わぬところに隙間テープが貼りついてしまったりします。貼り付けをスタートする地点の部分だけを少し剥がして、位置を決めながら保護テープを少しづつ剥がしながら貼っていくと失敗なく貼ることができます。
テープが貼れたら後は不要な部分をハサミでカットするだけです。
長いテープを見ると何んとなく大変そうに思えますが、意外と簡単に貼ることができます。

夏でも虫の侵入を防ぐ効果を発揮


隙間テープは冬だけではありません。夏の虫の侵入も防げるのです。夏になるとどこからともなく虫が侵入してきませんか。なんと虫は窓のわずかな隙間から入ってくるのです。網戸をつけていても侵入してきます。特に網戸は開け閉めをすることで、多少歪んでいき、隙間ができるようになります。このような時には隙間テープで、網戸の隙間を埋めると、虫の侵入を防ぐことができます。

また、部屋を密閉するという特徴から、隙間から外気の熱気を遮断したり、冷房で冷やした部屋の冷気を逃がすことなく効果的に冷房を利用できます。

このように、隙間テープは外気温を遮断して、部屋の冷気や暖かい空気を外に逃がさないようにするために、冬でも夏でも冷暖房の効率を良くするので、電気代の節約にもなります。安価な材料費と少しの手間でどの季節でも電気代を節約できる隙間テープの活用を検討されるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談

ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ


カテゴリ

サイトニュース

2016.5.16
「Nextでんき」をリリースしました。