ウォシュレットの正しい捨て方を理解しておこう

皆さんは引っ越しするときや本体自体が故障してしまうなどの理由でトイレのウォシュレットを処分したことがありますか。あるいはこういった場面に遭遇したらどのように対応すればよいのか、どのようにウォシュレット捨てれば良いのかを考えたことは有りますか。
今までの認識からするとウォシュレットは「業者が取り外して引き取ってくれる」と思われることが多いのではないかと思います。設置に関しても業者が担当してくれることが多いですしこのおように思いがちですよね。しかしながら最近では自分でも着脱できるウォシュレットが広まってきています。そのため、捨てる時も自分で処分することが多くなってきているのです。今回はそんなウォシュレットの処分方法についてお伝えします。
ウォシュレットの正しい捨て方を理解しておこう

ウォシュレットはどういったごみ扱いなのか



ウォシュレットを廃棄する方法としては色々なものが用意されています。例えば何かしらの工事の際に水道業者に引き取ってもらうというのがひとつ考えられる手段です。ただ業者に頼んでしまうと何かしらの作業手数料が発生してしまいますので一番手軽なのは何かしらのゴミとして捨ててしまうことです。取り外しなども自分で済ませることが可能ですのでこの方法で処分するのが金銭面では一番お得な方法です。
ではウォシュレットは何ゴミなのでしょうか。確かに表面がプラスチック製であるため不燃ゴミに出したい気持ちもわかります。しかしながらウォシュレットのように大きなものを不燃ゴミに出すのは一般的には好ましくありません。不燃ゴミとしてウォシュレットを捨てる場合には自治体などの取り決めに従って細かく分解したり裁断したりしておく必要が出てきます。分解すれば不燃ゴミとして捨てられるのかと思ったかも知れませんが、実はウォシュレットはとても頑丈なつくりとなっています。あれだけ日常的に利用されるものですし頑丈に作られているのも仕方なさそうですよね。頑丈に作られているということもあり、取り外し自体はそこまで難しいものではりませんが、素人が力任せに分解したり砕いたりするのは非常に困難です。力任せに分解することも不可能かと言われるとそんなことは無いのですが、力任せに分解することは危険ですので無理はしないようにするのが懸命です。
それではどのように捨てるのかといいますとお住まいの自治体の指示にもよりますが、ウォシュレットは粗大ゴミとして捨てるのが一般的です。そのまま捨ててしまうと少し周りの人も気になるかもしれませんので袋などに入れておくとマナーとしては良いでしょう。

捨てるときに気をつけることはあるのか



まず捨てるために取り外すときですが、ウォシュレットは水で濡れていたり汚れていたりする可能性が十分にあります。そのため取り外したウォシュレットを室内で一旦置くときのために、あらかじめ床に新聞紙や不要なタオルなどを敷いておきましょう。汚れている可能性もありますのでタオルを利用するときは雑巾として利用しても良いものなど汚れても気にならないものを利用することが大切です。そして水滴や汚れをある程度きれいにすることが出来ればビニール袋に入れてゴミに出す準備をしておきましょう。
ウォシュレットは丈夫に出来ているのですが、もし万が一破損している部分があった場合はビニール袋に入れた後「破損注意」などの張り紙もしておきましょう。こういった注意書きが無いとゴミを回収する方が思わぬ怪我をしてしまう可能性がありますのでウォシュレットに限った話ではないですが適切な注意書きを添えておくのもマナーとなっています。
自治体によってはウォシュレットは粗大ゴミではなく家庭ゴミという分類で扱われていることもあります。この点は自分が所属する自治体に念のために確認しておいても良いでしょう。

ウォシュレットはリサイクルできる?



あまり数は多くないのですがウォシュレットがリサイクルショップで販売されていることがあります。リサイクルショップでの販売なので中古品ということですよね。大型のリサイクルショップであれば衛生管理なども慣れているためウォシュレットを買い取ってもらえると思われがちですが意外と大手は対応してくれず、個人商店や小規模な利子来るショップでのみ買取に応じてくれるケースが有るようです。基本的にはリサイクルは無理なものとして処分することを考えたほうが良いでしょう。
ウォシュレットをゴミに出すことは決して難しいことではありません。確かに便器に触れるという気持ちの面では覚悟が必要にはなるかもしれません。しかしウォシュレットは特殊な技術や工具がなくても取り外しが可能なものです。あとは水滴や汚れを落としてビニール袋に入れておけばゴミに出すことができます。粗大ゴミとして出す場合は料金がかかりますが、数百円程度なので出費も少ないです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談

ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ


カテゴリ

サイトニュース

2016.5.16
「Nextでんき」をリリースしました。