電気カーペットは電気代節約に有利です

意外なことですが、電気カーペットは、ほかの暖房器具に比べて暖房費が圧倒的に安上がりになります。なぜそうなるのかを、電気カーペットの構造の面と機能の面とから、説明することにしましょう。なるほど、そうだったのか、とご理解いただけるはずです。
電気カーペットは電気代節約に有利です


電気カーペットの基本構造


電気カーペットの構造は、電気を通すと発熱する性質のある電線をカーペット内に組み込んでいて、カーペットの表面を暖かくする仕組みになっています。日本では、欧米と違って靴を履いたまま室内に入る習慣がなく、靴を脱いで床に座ってくつろぐ習慣であるため、日本に適した暖房器具でもあります。室内の空気を温める効果は殆どなく、カーペットの表面だけを温める構造ですが、日本の生活習慣によって、それで充分な効果を発揮します。

電気カーペットをエアコンと併用する場合でも、エアコンの室温設定を低くできますので、電気代の節約に効果的です。「頭寒足熱」の状態は一般に望ましい状態ですので、電気カーペットは、これを実現する上で役立つものとなります。

床暖房と比較すればどうか?


電気カーペットは、床暖房の構造と似てはいますが、大きな違いがあることにも注意して欲しいところです。床暖房では、床の中に暖房のための仕組みを組み込むため、工事費が相当に高額となり、ランニング・コストもやや高額になります。修理の必要が生じた場合も、床暖房では再度の工事が必要となり、高額になるはずです。

電気カーペットは、工事が不要で、床に置くだけです。ただし、カーペットですので汚れやすい性質もあり、クリーニングにやや難点があります。ですが、発熱体の部分とカーペットの部分とを分離できるようになっている製品もあり、クリーニングしやすく配慮されていますので、このことは、それほど大きな問題になるわけでもありません。

エアコンと上手に組み合わせる


電気カーペットだけでは、室内の空気が充分に温まらず、厳冬期にはどうしても寒く感じますので、エアコンやヒーターとの併用も必要になります。また、この併用が電気代のトータルな節約になりますので、上手な組み合わせを考えてみる必要があります。

電気カーペットは、その構造から床を暖めることしかできませんが、電気代がかなり安上がりです。エアコンやヒーターなどは、その構造から空気を温めることが中心で、電気代がかなり割高となります。室内の空気を必要以上に温めることは、電気代の大きな無駄でしかありませんので、なるべく避けたいところです。そうなると、電気カーペットとの賢い併用こそが、電気代の無駄をなくすポイントであることに改めて気付かされます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談

ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ


カテゴリ

サイトニュース

2016.5.16
「Nextでんき」をリリースしました。