オイルヒーターの置き場所は?

オイルヒーターの特徴を生かすには、置き場所を間違えないようにすることが肝心です。普通に考えれば、部屋の中央に置くことで、部屋全体に熱が広がって良さそうに思えます。ですが、公共施設などの備え付け式のヒーターでは、部屋の中央に設置している例は、見たことがないはずです。なぜでしょうか?
オイルヒーターの置き場所は?

オイルヒーターの暖房メカニズム


オイルヒーターの仕組みは、難燃性オイルを電熱器によって温め容器内を循環させ、その熱を放熱板によって外部に放出するようにしています。部屋を温める仕組みは、輻射熱によって熱を行き渡らせることが主体で、部屋の空気の対流によっても暖房の効果が出るようになっています。

このような仕組みを念頭にオイルヒーターの設置場所を考えた場合、部屋の中央に置くよりも壁際しかも窓際に置くのが良いとされます。素朴に考えたこととはあまりにも違いすぎるため、不思議に思われるでしょうから、このあたりの意外な事情を解説させて頂くことにします。その際にキーワードになるのが、「冷気の遮断」であり「輻射熱(ふくしゃねつ)の仕組み」です。この二つが分かれば、オイルヒーターを窓際に置く理由もご理解いただけるはずです。

オイルヒーターを窓際に置くと、冷気は遮断される


冬の窓際は、薄い窓ガラスを通じて屋外の冷気の冷たさが室内に侵入します。これを遮断するには、窓ガラスを二重にするとか、カーテンを二重にするとかの方法があるわけですが、オイルヒーターを窓際の適切な場所に設置すれば、もっと大きな効果を発揮できます。窓際へのオイルヒーターの設置によって、冷気を遮断し、部屋全体をむらなく温めることができるのです。

部屋の中央に設置すると、冷気によって窓際が極端に寒くなり、その場所には寒くて居られなくなり、部屋全体を効率的に利用できなくなります。オイルヒーターは、ゆっくり穏やかに暖房する仕組みでもあり、窓からの冷気の侵入は大変に不都合で、これを是非とも遮断する必要があるのです。

輻射熱による暖房のメカニズム


輻射熱は、遠赤外線による加熱のメカニズムであり、途中にある空気は暖めず、遠くにある物体に遠赤外線が当って、その当たった部分だけを暖める仕組みです。オイルヒーターの放熱板から遠赤外線が出て、壁や天井や床や家具そして人にも当って、それ自体を加熱します。空気は、その加熱されたものによって暖められるか、放熱板自体の熱によって暖められます。

オイルヒーターは、このような仕組みによる暖房器具であるため、窓際の反対側の壁やその付近の人をも温めます。オイルヒーターを窓際に設置することで、屋外の冷気を遮断し、その設置した場所から離れた所をも暖めますので、オイルヒーターを部屋の中央に設置せずとも、部屋全体を暖めることができるわけです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談

ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ


カテゴリ

サイトニュース

2016.5.16
「Nextでんき」をリリースしました。