電力自由化によって停電が起きるかもしれません

電力自由化によって、様々な電力会社の中から選ぶことが出来るようになりました。メリットばかりが目立ちますが、残念ながらデメリットも大きく、特に電力の安定配給に対する不安があります。これは、発電設備が十分でなかったり、ノウハウが蓄積されていないなどで停電が起きるのではないかということです。

電力自由化によって停電が起きるかもしれません

電力自由化とは何だろう?


今までは決められた電力会社としか、契約することはできませんでした。ところが、2016年の4月から電力自由化が始まり、電力会社を自由に選択できるようになりました。

電力自由化によって消費者の一番のメリットは、自分に合った事業者を選択することが出来ることです。参入する業者が多く多彩なメニューがあるので、場合によっては電気料金が今までより安くなります。また、電力会社を変更する際には、切り替え先が今の電力会社への解約手続きなどを一括して行ってくれるので楽にできます。

ただし、メリットばかりではなくデメリットもあり、その1つとして挙げられるのが電力の安定配給への不安です。業者によっては、何度も停電が起こる可能性があり、場合によっては逆に電気料金が値上げになることがあります。だからこそ、しっかりと下調べをして業者を慎重に選ぶことが大切です。

電力自由化と停電の話


電力自由化によって、様々な企業が参入して来ました。自由化前は決められたところのみが電力会社として活動できたので、新しく参入して来た企業は元々は電力会社とは異なる業種です。そのために、十分な設備投資や技術の向上などのノウハウが蓄積されておらず、電力の安定配給に不安があります。

もし、発電できなくなった場合に備えて、バックアップをしてくれる事業者を見つけておかなければなりません。ところが、企業によっては見つけられないケースがあり、最悪の場合は大規模な停電が起こる可能性があります。また、電力自由化になると競争が激しくなるので、残念ながら倒産してしまう電力会社も出てきます。その場合は、国の保証があるので電気がいきなり来なくなることはありませんが、他の会社に乗り換えるなどが必要です。

電気という特殊性が停電に繋がる


電力会社は電気を商品として売っていますが、この電気はためておくことが出来ないという特殊性があります。ためておくことが出来ないということは、あらかじめ問題が起きた時に備えて、余分に発電しておくことができません。

この電気の特殊性から、常に需要にあわせて発電が必要です。また、もし需要の方が上回ると足りないので大規模な停電になってしまいます。それで、問題が起きた時には、別の電力会社にバックアップをお願いするなど対策を取ることが重要です。

停電などトラブルを避けるためには、信用できる電力会社を選ぶことが大切です。そのためには、実績が多数ある大手のものが安心で、近年では口コミやレビューが沢山あるのでそれらを見るのも役立ちます。また、電気料金の値下げは大幅に下げることは残念ながら難しいのが現状です。そのような現状があるので、逆に大幅な値下げを目玉として売り込んでくる電力会社は注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談

ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ


カテゴリ

サイトニュース

2016.5.16
「Nextでんき」をリリースしました。