ブレーカーの種類を知っているか?違いと落ちたときの対策法まとめ

あ、停電・・・いやブレーカーが落ちただけか。そんな日常の対応を、誰でも1度はしたことがあるハズ。

でもブレーカーの主な役割は「電気を遮断すること」です。

でもその役割によっていくつかの種類に分けられることをご存知でしょうか。

知らないと、もしもの時に困るかもしれません。それぞれの役割と落ちてしまった時の対策法はカナリ違いがありました。

ブレーカーの種類を知っているか?違いと落ちたときの対策法まとめ

ブレーカーの種類は主に3種類


一般的に「ブレーカー」というと、いくつかのつまみがあるものを想像しますよね。

でも実はそれらをまとめて呼ぶなら「分電盤」、分電盤の中にあるいくつかのツマミを表すときは「ブレーカー」というんです。そして、そのブレーカーには種類があります。

ブレーカーの種類は以下の3種類。

1.アンペアブレーカー
2.漏電ブレーカー
3.安全ブレーカー

それぞれ役割も性質もまったく違います!落ちてしまった場合の対策法あわせてまとめてみました。

アンペアブレーカー


一番左についている一番大きなつまみのことを、一般的にアンペアブレーカーと言います。主開閉器や契約ブレーカーとも呼ばれていますね。

電気を同時に使える量は、それぞれ電気会社と契約している量(アンペア)で決まります。

その同時に使える量を超えてしまった場合に、アンペアブレーカーが落ちて電気が遮断され、電気の通っていない停電状態になる。

おそらくパッと出てくるブレーカーのイメージといえば、コレではないでしょうか。

【落ちてしまった場合の対策法】
アンペアブレーカーが落ちるのは家全体の使用電気量が契約より大きくなってしまったことが原因。なので、家全体で同時に使っている電気機器の量を減らしましょう。

例えば、電子レンジを使っているときはドライヤーを一緒に使わないだとか、洗濯機を使っているときに掃除機を使わないようにするなどですね。

落ちてしまったとしても、下がっているアンペアブレーカーのつまみを元に戻せば電気は回復します。

漏電ブレーカー


アンペアブレーカーの右脇にある一つのつまみが、漏電ブレーカーです。黄色と赤色のスイッチが併設されているものが一般的ですね。

漏電ブレーカーはその名の通り、漏電が起きてしまった場合にそれを感知し、強制的に電気を遮断する役割を持っています。

【落ちてしまった場合の対策法】
漏電ブレーカーが落ちてしまった場合は、ちょっとコツがいります。

まずすべての安全ブレーカーを切りましょう。その後漏電ブレーカーを入れ、次に安全ブレーカーをひとつひとつゆっくり入れていきます。
(安全ブレーカーについては後程まとめます)

すると、入れたた途端に漏電ブレーカーが落ちてしまうものがあるはずです!

その安全ブレーカーが漏電している可能性が高いです。その場合は制御されている内部の電気回路に問題があるので、その安全ブレーカーは切ったまま、速やかに電力会社に連絡しましょう。

安全ブレーカー


右端にある、いくつもの小さなつまみの集団を「安全ブレーカー」と呼びます。

安全ブレーカーとは各部屋に流れる電流を管理しているブレーカーで、それぞれ電気機器の使い過ぎや故障等を感知して作動します。


【落ちてしまった場合の対策法】

安全ブレーカーが落ちてしまった場合は、その安全ブレーカーが管轄している場所の電気使用量を減らしましょう。

キッチンなどが比較的落ちやすいので、注意が必要です。

もし漏電ブレーカーが一緒におちている場合は、この管轄が漏電している可能性があるので注意。

漏電は過剰な電気消費にもつながりますし、何といっても危険な状態です。しっかり見極めましょう。


ブレーカーが落ちるとついつい慌ててしまいますよね。

しかし、まずは落ち着いて3つのブレーカーのうちどのブレーカーが落ちたのかをチェックしましょう。

特に、漏電ブレーカーが落ちている場合は注意。どこかで漏電が起きている可能性がありますので、必ず電気会社に連絡するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談

ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ


カテゴリ

サイトニュース

2016.5.16
「Nextでんき」をリリースしました。